読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に恋をして。

お金が好きすぎて『もしかして:恋?』状態です、お金大好きって言うと世間体がよくないので、口には出せないからブログ書いちゃいます

ストーカーされたら、どうするか?

トラブル

小金井市女子大生ストーカー刺傷事件の裁判が連日ニュースで流れてきます

www.zakzak.co.jp

音楽活動をしていた大学生、冨田真由さんがストーカーに刺された事件

当時もtwitterでのやりとりが話題になっていましたが

裁判でも岩埼被告の異常な行動が、あちこちで取り上げられてます

”アイドルだから”と思っている人もいますが、これだけネットで情報発信ができる世の中

いつ被害者側の立場になるかわかりません

「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)

相手の心理がわからないのは”当たり前”

私も実はストーキングされたことがあります

相手は職場の同僚で鈍い私は”全く気がつかず”普通に話していました

幸いSNSはやっていなかったものの、他の同僚に『付き合っている』と言ってたみたいで

あとからびっくりして『彼氏がいるから迷惑』『付き合うつもりはない』といっても効き目なし

異常な人にまともな説得をしても意味がない

こんな事実をつきつけられました…急に人生ハードモード

よく犯罪者の異常な心理が理解的ない、みたいなコメントを見かけますが

理解ができないから犯罪者なんだし、ストーキングするんだと最近は思っています

相手が異常なのだから、正常な人には理解できないものだと割り切ってます

相手の興味から外れるのが一番

ストーカー対策で大切なのは”反応しない”こと

twitterでストーキングされた時は、こちらが反論すればするほど相手が喜んでいました

本当に気持ち悪くて今でもトラウマです

結局収まったのは相手がDM送ってきても、返信してきても、いいねしてきても

まったく反応しなかったこと

その後、様子をみながらブロックしました

会社の同僚の場合は上司に相談をして、リストラのタイミングだったのもあり

私は子会社へ異動させてもらいました

会社のアドレスに大量にメールがきてましたが

特に返信もせずに放置

そのうちメールが来なくなり、その彼は別の会社に転職したと同僚から聞きました

今となっては私に執着した理由はわかりませんが、きっと理解できないと思うので

聞かなくてよかったのかもしれません

ストーカー被害の事件は、聞くたびに胸が痛みます・・・

ストーカー病―歪んだ妄想の暴走は止まらない―

ストーカー病―歪んだ妄想の暴走は止まらない―

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)

ストーカー 被害に悩むあなたにできること リスクと法的対処

ストーカー 被害に悩むあなたにできること リスクと法的対処