読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に恋をして。

お金が好きすぎて『もしかして:恋?』状態です、お金大好きって言うと世間体がよくないので、口には出せないからブログ書いちゃいます

清水富美加さん出家騒動で考えるお金の価値

老後資金

最近、出家した清水富美加(千眼美子)さんが『月給5万円』って発言をして

和田アキ子さんが『当時の給料は月5万円』→当時の大卒初任給は3万600円

坂上忍さんが『僕らが若いころもそうでした』→当時の大卒初任給は5万2700円

と、ネット上で壮大なツッコミがはいりました

これを見て”こんな短期間で円の価値って変わるんだ”って思いませんでしたか?

つい数十年前なのにこんなにもお金の価値は変わっています

例えば1000万円の現金をそのまま口座に寝かせて50年後

円の価値が5分の1になったら800万円も損した事になります

全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~

ここ50年の大学初任給から円の価値をざっくりみてみる

50年前はサラリーマンは今よりも家計はかつかつでした ※消費者物価指数から推測

あまり贅沢もできず娯楽も限られていたので、厳密な比較にはなりませんが

物価指数よりも初任給のほうが、ぱっとみて分かりやすかったので、こちらの数値に

2012年の大学初任給は20万1800円なので、50年足らずで9倍ちょっと差があります

  • 1965年(51年前) 2万4102円
  • 1975年(41年前) 9万1272円
  • 1985年(31年前) 14万4541円
  • 1995年(21年前) 19万8063円
  • 2005年(11年前) 19万6700円
  • 2012年 20万1800円

これをみると現金だけの貯蓄は、とても不安

50年前の1000万円と今の1000万円は価値が全然違うのです

現金の価値を意識した柔軟な資金運用を

ここ50年は円高になり、物価も上昇しています

もちろん逆の現象が起こることもあります

例えば今の大卒初任給が約20万として、50年後に2万に戻ってる可能性もあります

そいなると株の値段や債券の値段も下がっていきます

大切なのは時期によって現金が強い時期・弱い時期があるということ

政府は『インフレにしたい』って言っいます

物の価値が上げたいってことで、それが実現するとお金の価値は減ります

今後は現物の資産・外貨・海外の投資信託で持っていた方が良いことになります

この辺りは日々勉強・・・!

お金とデートする❤️くらいの感覚で、最近の動向を追ったり

よい金融商品がないかドキドキしながら見てます

参考にしたサイト

http://www.777money.com/torivia/daisotu_syoninkyu.htm

http://nenji-toukei.com/n/kiji/10021/%E5%A4%A7%E5%8D%92%E5%88%9D%E4%BB%BB%E7%B5%A6